ラブリートイプードル・大好きドギーズ

かわいいトイプードルの赤ちゃんとしつけ・飼い方をご紹介♪


  
☆☆☆ チャレンジ ランキング ☆☆☆
  応援してもらえると嬉しいです♪     にほんブログ村 犬ブログへ  blogram投票ボタン


☆☆☆ わんちゃん速報 ☆☆☆
  * 自然治癒力を考える、有名人も利用しているというペットのペンダントです♪
  * ご飯に混ぜるだけ!運動不足・生活習慣病対策にサン・クロレラ無料お試し!
      

   ☆☆☆ クリックは無料です。右指一本でできるボランティアにご協力下さい。
  イーココロ!クリック募金

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毛色

やじるし  毛 色


  ■ トイプードル・毛色で性格が違うってホント!? トイプードルの色で性格を考える。

  ■レッド、アプリコット■
  多くの書籍では、明るくて活発な性格と書いてありますが、それは扱いやすい性格?
  と判断されがちかもしれないのですが、扱いやすく飼い易いという意味ではないようです。
  アウトブリーディングが多いせいか性格は固体によって安定せずばらつきがある。
  レッド、アプリコットは神経質で警戒心が強い一面を隠し持っているようです。 
  その性格はお散歩やトリミングの際にある程度判断する事ができるそうで、
  通常トイプードルはお散歩が大好 きで、尻尾を高々と上げて、気持ち良さそうに
  歩くのですがレッド、アプリコットに多いのがスレ違う犬や人に吠えること。
  犬や人が近づいて来たりすると、飼い主さんの後ろに尻尾を丸めて隠れるなど。
  普段、家では明るく活発な子でも、一度、外へ出ると上記の様な行動を取る子の
  多くは神経質で警戒心が強いと言う シャイな性格の表れなのです。 
  レッドはアプリコットよりさらに赤みの強い色で、混色の激しい色とも言われて
  います。
  色素自体がまだ確立されておらず、血統書はレッドでもアプリコットのような色に
  なっている場合もあるようです。
  きれいなアプリコットは、顔・足先・尾の付根部分が濃いオレンジ色で、
  毛の根元の部分の方が濃い色が理想的と言われています。
  逆に根元が白っぽい場合には、1,2年で毛色がだんだんとクリームなどの
  淡い色になりやすいです。
  目・目縁・鼻・唇は黒色で瞳は褐色。ツメは黒色か毛色に近い色があります。
  本場フランスでとても人気の高い毛色。

  ■ホワイト ・ ブラック■
  ホワイトとブラックは原色と言う事もあり、すべての毛色の中でも、比較的安定していて、
  犬種標準にもっとも近い本来のトイプードルの性格といえます。
  一言で性格を表すならば活発で従順。特にトリミングをする事でその犬の性格が
  分かるのですが、ホワイトには噛み付いたり大暴れたりなんて事は無に等しく多くは
  トリミング中でもお利口さんぶりを発揮。
  しつけについては頭がいいので、嫌な事はトラウマとなりいつまでたっても、
  覚えていたりします。
  ブラックは光沢のない墨のようなジェットブラックから、赤みがかった小豆のように見える
  色までがあります。被毛は丈夫で硬く、毛量は多め。
  真のブラックはとても少なく希少です。
  躾け自体はブラック同様とても簡単ですので飼い主さんが優しい気持ちで接する事で
  最良のパートナードッグとなることでしょう。

  ■ブラウン (カフェ・オ・レ)■
  活気のある褐色・茶褐色。
  基本色の1つですが、もともとはブラックから派生した中間色。
  年齢を重ねるごとに色が変わり、だんだんとカフェ・オ・レのようになる場合が多い。
  理想は混色傾向のない濃いブラウン。変化していく毛色は、ダークブラウン
  やマホガニーブラウンなどとも呼ばれています。
  目・目縁・鼻・唇はレバー色のような赤褐色で瞳は濃い琥珀色。ツメは暗色。
  キュートなペットクリップがよく似合う色と言われています。
  性格はマイペースな傾向があります。

  
  ■クリーム、シャンペン■
  気品と清潔がある白色がベース。
  ピュアホワイトやスノーホワイト、アイスホワイトなどとも呼ばれることがあり、
  純白からうっすらとしたビスケットの色のような色まであります。
  白い被毛とダークスキン(濃いグレーのような肌)が理想的と言われています
  目・目縁・鼻・唇は黒色で瞳は褐色。ツメは黒色か毛色に近い色があります。
  従順で甘え上手だけど、用心深いとも言われています。


  ■シルバー・グレー■
  同系色の中は、シルバー、グレー、シルバーグレー、シルバーベージュ、ベージュ
  があります。
  子犬の頃は色も濃くでて、ブラックに近い場合もありますが、だんだんと色の変化
  がみられるのが1つの特徴。
  ただ、濃いシルバーのコがプラチナシルバーになるかどうかなど、色の変化には
  個体差があります。
  グレー系のコは比較すると神経質になりやすいと言われています。


  ■パーティーカラー(JKC公認外)■
  アメリカと一部のヨーロッパで人気が出てきている色です。
  白と黒の組み合わせのハーレクィンや、 黒とタンの組み合わせでピンシャー
  の様なカラー、ブリンドルと呼ばれる全身に黒い毛と明るい色の毛が混ざった
  さし毛の被毛が作られているようです。


  Poodle1.jpg   Poodle2.jpg



スポンサーサイト

| 飼い方・知識 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kobedoggies.blog59.fc2.com/tb.php/9-91c7fe57

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。